営業事務の転職は20代後半から30代がベスト
営業事務の転職は20代後半から30代がベスト

転職の営業事務は20代後半から30代まで

私は新入社員で入った会社が、営業事務の職種でした。
そこで初めて営業事務を経験し、やりがいを感じ、次に転職した時も、扱う商品は違うものの仕事は同じような感じでした。
簡単にいうと営業のアシスタントでした。
当時は、営業マンも同世代で共に頑張ろうというような若者の雰囲気で頑張っていましたから、やりがいを感じていました。
私はプライベート、家庭を優先するタイプなので生活環境に合わせて転職を繰り返していました。
受ける会社は次々受かり、自分でも営業事務の職はいくらでもあるという印象でした。
それも20代後半まででした。
20代後半になると面接まではいくものの感じが違いました。
何社受けても受からなくなって来たのです。

その後、正社員は諦め、派遣会社に職を探してもらいなんとか事務の仕事についていました。

今では、広告に年齢制限的な文言がひっかかり営業事務ではまず、転職はできないだろうという感じです。

20代最後に就いた職は一般事務でしたが、金融でした。
営業事務とは違って金融関係のは事務は、たくさんの研修を受け、資格取得など勉強をたくしないといけないものでした。
営業事務とははるかに違いました。
営業事務を募集する会社は、やはり営業マンを上手く補佐してもらいたいという上司の思いがあると思います。
本音的には若い女性の方が仕事も頼み安いし、口答えもしなさそうですよね。若い営業マンも若くて可愛い子に来て欲しいのだと思います。
ある会社にいて、事務員増員で面接をしていたとき、営業の会話としては、どんな子がくるのかな?
可愛いかな?
なんて話題で持ちきりでした。

しかし、今は年齢制限をあからさまに広告などには載せられない雰囲気ですよね。
ですが、会社の中では、この年齢までしか受け付けないというラインを決めている感じだと思います。
ある、広告の中には気を使って、『若い世代が活躍中』であるとか『20代から30代まで活躍中』などと記載されてる広告も目にします。
とにかく、一般企業の営業事務は、私の経験によると若い人しか成功率は高くないのかな?
といった印象です。

Copyright (C)2016営業事務の転職は20代後半から30代がベスト.All rights reserved.